猫のお部屋

一人暮らしで飼う

互いに気ままに、でも信頼し合える関係
どうしても留守をしがちな一人暮らしでも、気ままなルームメイトとして
互いにストレスなく付き合えるのが魅力です。
心許せるいいパートナーの関係、築いていきましょう!
留守が多いから、1日中家の中に閉じ込めっぱなしになるのがかわいそう。
そんな心配も、猫ならだいじょうぶ。
子猫のうちから外の世界を知らなければ、
家の中にいるのは苦にならない、
まさに一人暮らしにぴったりのペットなんです。

室内飼いでもOK!

●猫は外に出なくてもだいじょうぶな動物
留守がちだったり、交通事故の心配から、室内飼いの猫ちゃんも増えています。中には家に閉じ込めるのはかわいそうと思う人がいるかもしれませんが、だいじょうぶ。猫はそもそも広いエリアで行動する動物ではないため、十分な食料、安全な寝場所、快適なトイレさえあれば満足なのです。
●室内飼いをするなら外に出さない
外の世界を知らせないことが苦にさせない秘訣です。ベランダに出すのもNG。手すりをつたって隣の部屋へ行ってしまったり、時には落ちてしまうこともあります。病院など外出する場合は、必ずキャリーバッグに入れて運びましょう。

飼い主さんの心構え

●トイレはこまめに掃除する
ネコの体臭はほぼありませんが、お部屋にこもる臭いで悩むのが排泄物の臭い。猫はキレイ好きの動物でトイレが汚れていると他の場所でしてしまう場合があります。トイレはこまめに掃除しましょう。朝夜の1日2回が理想的です。
●一人暮らしには固まる猫砂がおすすめ
猫砂にもいろいろな種類がありますが、一人暮らしの方におすすめなのは、おしっこをした部分だけが固まるタイプの砂。固まったところを捨て、その分の砂を補給すればいいので、手軽で、いつでも清潔な状態を保てます。ネオ砂
●ストレス発散はつめとぎで
どうしても留守をしがちな一人暮らし飼い。そんな猫ちゃんのストレス発散に欠かせないのがつめとぎです。大事な家具やカーペットをキズから守るためにも、つめとぎを用意してください。ネオとぎ