犬の部屋

子犬のトイレ

飼いはじめが肝心、失敗しないためトイレのしつけ方
我が家に子犬がやってくる!
短い子犬の時期を一緒に暮らせる飼い主はとってもHappy!
でもかわいいばかりで甘やかしてしまってはその後が大変ですね。
失敗しない子犬の迎え方、きちんと知っておきましょう。
純真無垢な子犬がいい子になるのも、わがままになるのも飼い主しだい。
それに成犬と違ってまだまだデリケートな部分もあります。
失敗しないトイレのしつけ方や準備、しっかりチェックしておきましょう。

最初のトイレ

●トイレキットを用意しよう
迎えた日からすぐに使えるようにトイレキットを準備しましょう。トイレトレーは成犬になっても体がはみ出さないサイズを。トイレキットの種類
●トイレ情報を聞いておく
子犬を引き取る際は、夜はどこで寝て、トイレはどうしていたかなどを確認し、なるべく近い環境で迎えるようにしましょう。
●ソワソワし出したら、すかさずトイレに
最初はできるだけ目を離さず、ソワソワしだしたり床のにおいを嗅ぎ出したらトイレへ連れていきましょう。トイレの時間をメモして、タイミングをつかむのもコツです。ちょっとでも目を離す場合はクレートの中に入れて、トイレの失敗を防いであげます。そそうをしても絶対に叱ってはダメ。サッと何事もなかったように片付けます。

子犬のお留守番

●トイレ情報を聞いておく
子犬の時はなるべく目を掛けてあげたいものですが、トイレのしつけの際にはトイレのタイミングを見計らってお留守番をさせてください。どうしても長時間のお留守番が必要な場合は、きちんとサークルへ入れて安全を確保しましょう。トイレと寝場所がきちんと分かれる広いスペースが理想です。誰か家族が側にいて一匹でお留守番させる必要がない家庭では、大きなサークルでなくてもOKです。

子犬のトレーニング

●トレーニングのために失敗しない環境を用意してあげよう!
トイレシーツと間違えやすいものは側に置かない。人の目の届く場所にトイレを置いてトレーニングするなど、失敗しない環境を用意してあげましょう。間違えやすいものは側に置かない
●トイレのタイミングを知る
子犬の内臓はとても小さいため、1日に何度もトイレをします。いつトイレするのかをきちんとチェックし、常にトイレシーツの上でする習慣をつけさせましょう。失敗を1回でも少なくするのがトレーニングのポイントです。トイレとしつけのタイミングを知ろう
●トレーニング中はトイレの場所を変えない
トイレトレーニングの最中はワンちゃんの混乱を避けるためにできるだけトイレの場所を移動しないようにしましょう。人目の届く場所でありながら、落ちついて排泄できる環境であることも大切です。
●徐々に室内でも外でもできるようにトレーニング
1カ所だけでトイレトレーニングをしていると、そこでしか排泄しなくなります。外でもペットシーツの上ならどこでもトイレできるように訓練すると、お出かけの際に便利です。